• やなぎさわ教授
    青年週刊誌の「モーニング」にときどき掲載される、「天才柳沢教授の生活」、いつもいい話だけど、今回はまたいっそうジーンときた。いつも読んでる「専務島耕作」「カバチタレ」もいつも読んでる人にはかなり印象深いシーンとなっている。昨年3月に祖母が亡くなったとき、知り合いの祖母も相次いで亡くなった。春は生の季節というイメージだけど、同時に人が亡くなりやすい季節でもあるようだ。松井結婚に桑田引退かあ。ほんとに...
  • イメトレ
    「ぼーっとしようよ養生法」(←お薦めです!)や「いのちのイメージトレーニング」の著者、田中 美津さんの講座に行ってきました。元気になるイメトレ講座のつもりで行ったのですが、よくみたらタイトルは「からだに聴いて心を癒す」でした。そのせいか、30歳前後の方を中心に十数名集まったのですが、僕以外、全員女性(笑)。いくつかの小技は知っていたりやっていたけれど、技を用いたときと、用いない時の変化を味わったりすると...
  • 風邪の効用
    1月後半からずっとだるかった。重心が右の人も、風邪のときは左重心になると聞いていたが、そのころ、重心が左に来ている感じがしていたので、もしかして風邪を引くのかなと思っていたら、やはりきた。(2月21日のこと)気持ち悪くてもどしてしまったので、食中毒にでもなったかと思って対処法を整体の先生にきいたら、冷えからきている消化器系統の風邪なので膝湯を6分すること、とのこと。そして数時間寝て、汗をかいたら熱...
  • 堂々と
    テニスの錦織圭君が話題になり、テレビで、松岡修造がコーチをしていた「修造チャレンジ」の映像が流れた。そこで、松岡修造は、錦織君(当時11歳)を含む10代の選手たちに、こういっていた。「ポイントをとられたとき、絶対「しまった」という態度をとるな、ポイントをとったように堂々としていろ。 これは今すぐできることだ。」とても共感したので、前回書いた世界卓球も、選手の態度に注目していた。やはり、しまったとい...
  • 世界卓球
    高校では卓球部だったのだけど、テレビではあまりやらないので、はじめてトップの試合をちゃんと見られた。とは言うものの、愛ちゃんの試合を見たいという、全くのミーハー気分で見始めたのだけど、それぞれの選手、個性があって、思った以上に面白いですね。流れで見た男子のプレーだけど、一層興奮した。ドライブ、スマッシュが速いし、またそれを返したりするのだから凄い。気合いの入った選手を見るのはこちらにも伝わるものが...

プロフィール

 Swingy / 外山浩之

ジャズピアノを中心に演奏・指導・作曲をしているSwingyです。音楽する身体についても研究中。

月別アーカイブ