• マジックハンド
    前回、5/19に書いた日記の前に来るべきものを、まだアップしていなかったことに気がつきました。順番が入れ替わり、意味が通りにくくなってしまいすみません。以下、最近の身体操法関連の日記一覧です。2010/11/16「甲野善紀先生の音楽家のための身体操法講座に参加」2011/02/22 「目はどこにある」2011/5/24 「マジックハンド」←今回の日記。この後、2011/5/19 「力は入れられる?」に続きます。このブログの「心と身体」とい...
  • ジャズピアノ練習日記6「二人でお茶を」
    何かの参考になればと、今回は練習風景をそのままアップしました。始めの方は、立ったまま弾いています。だるい中無理矢理練習するときによくやるのですが、立ってやや中腰気味にして、力を体の真ん中に集めながら弾きます。バレーボールのレシーブ時のような感じ。そして力が満ちてきたら座って弾けます。曲の最後の方のコードは自分でつけかえたのですが、難しくて苦戦。映像の最後はテーマ・アドリブ・テーマを通して演奏してい...
  • 「力」は入れられる?
    体の動かし方については、色々と学んだり試行錯誤して きましたが、甲野善紀さんの講座に何度か行って、 また新たに興味が湧いてきています。 以下、すでに3ヶ月前に書いた文章ですが、タイミングを 逃して今になりました。 ↓  ↓ 「力を入れる」という言葉に違和感を覚え始めた。 日常の動作や、ピアノの演奏の仕方を色々考えているが、 どこかに力を入れて何かするというのは、あまりうまく いかないように思う。 もっと適切な...
  • 披露宴での演奏
    昨日は、ある生徒さん(女性)の結婚披露宴でピアノを弾いて参りました。披露宴での演奏はとっても久々。せっかくなので買ったまましまい込んであったタキシードを着用。サスペンダーも、蝶ネクタイも出してはおいたが、長さを全然合わせていなかったので、朝、つける段になってバタバタ(笑)結婚式、披露宴とも、新婦の笑顔がはじけて、とても楽しい宴でした。どうやら新郎の方が先に泣いていたらしいけど、彼もとってもしっかりし...
  • 練習日記5「Tempus Fugit」
    今回もバド・パウエルの曲です。パウエルは凄い速さで荒々しく弾いていますが、とりあえず最初なので、ゆっくり目で。コードも忙しく変わるのを、ベースをずっと同じ音にして(ペダルポイント)、効果的かつ弾きやすくしました。  ↓Tempus Fugit 1日目5日目だが・・・なかなか手強い曲だ。とりあえず、丁寧に入って、徐々に緊迫感とか、盛り上がりとか、自然にできればと考えて弾きました。  ↓Tempus Fugit 5日目なかなか練...

プロフィール

 Swingy / 外山浩之

ジャズピアノを中心に演奏・指導・作曲をしているSwingyです。音楽する身体についても研究中。

月別アーカイブ