• 音楽家のための身体操法講座2011.6.17
    2011.6.17音楽家のための身体操法講座 ~甲野善紀先生をお迎えして~例によって、色んな武術の技、特に最近進化したことなどを中心に披露しつつ、お話が進む。真剣の切り返し、以前は、人の顔のそばで右から左へと切り返していたが、最近、「速すぎて自分でも見えないからちょっと怖い」とのことで、持ち上げた棒にたらした布に向かって、それを披露。ここから徐々に音楽に取り入れられることを書いていきます。◆前回、「自分の手...
  • ピアノの練習 リズムトレーニング
    ノリの良い演奏をするためには?・・・・ 歌って踊る! テレビで見たダンスのレッスンで、「歩ければ踊れるんだよ」と言っていた。まさに歩くことの延長として踊りながら弾いてみた。これなら歌って踊りながら弾ける。その動きを生かしながら、座って弾くと、結構良い感じ!   ↓ピアノの練習 リズムトレーニング・動画...
  • 僕のしっぽ
    ◆避雷針になる少し前の日記で、「力は入れるというより、集めると考えると良いのではないか」と書きました。「集める」の反対は「散らす」かな?ほおづえをついていた時、なんだか窮屈に感じた。重さを感じているから、散らすというより、下に受け流す感じがいいかなと思い、重さを下に受け流すようにしてみた。するとすごく軽いというか楽になった。重さの避雷針なるようなイメージです。身体の重さを受け流せたら、心の重荷も受...
  • 練習日記「Waltz For Debby」
    とても好きな曲。さわりだけなら簡単だけど、アドリブをやろうとすると、なかなかこのコード進行にうまく合うメロディが作れない。   ↓ クリックしてご覧ください。Waltz For Debby練習前アドリブパートは、作曲者エバンスも含め、4拍子にすることの多い曲ですのでそれで練習していましたが、2拍ずつコードが変わっていくとアドリブがどうにも難しいので、3拍子のままで演奏したものが、↓(リンクしなおしました6/20)Waltz F...
  • シアタースポーツ/Blue Bossa
    6/6、「シアタースポーツ」に、キーボードの即興演奏で参加してきました。シアタースポーツは、HPによれば、「チームに分かれて即興でシーンをつくり、点数を競い合うまったく新しいショー・スタイル」勝手に言い換えれば、即興演劇を対戦形式でやります。そこに即興演奏をつけたり、こちらから仕掛けたり。いつもとっても面白いです。そして、みなさん、圧倒的に元気です(笑)みんなでやること。そしてばかをやれることも、あの...
  • 「浮き」と「反り」
    日記「マジックハンド」にも書いた、甲野善紀先生の「音楽家のための身体操法講座」でのできごと。以前この講座に参加したときの日記(2010/11/16)の(回答2)、体を細くスッとまとめるための運動・・・しゃがんで、少し腰と腕を浮かせたところから、一瞬で脱力して一気に落ちる。完全に脱力して落ちると、ポンっと驚くほど跳ね上がる・・・という運動をやったところ、とても立つところまで跳ね上がったりしないけれども、確かに...

プロフィール

 Swingy / 外山浩之

ジャズピアノを中心に演奏・指導・作曲をしているSwingyです。音楽する身体についても研究中。

月別アーカイブ