• ジャズピアノの演奏「ノリ」とか「キレ」とか
    だるい時、テンポは遅く、音量も最小限にし・・・また、ブルースなので、だるい感じもまた良いので、それも生かしつつ・・・それでいて、必要なノリ、キレは出していきたい、ということをテーマに演奏。◆だるい時もリズムを(FBlues) 1:20~1:40で解説あり。 (録音の音量小さいです)弾くとき、力を下に押し下げたままにすると荒っぽい演奏になったり、重たい演奏になってしまいます。そうではなく・・・以下の映像では、「...
  • だるいときのGotta Travel On
    8/18に演奏をアップした、Gotta Travel Onは、かなりのハイテンションで思い切り力強く演奏しましたが ↓ 、、、Gotta Travel On日々だるさを感じている僕が、元気を絞り出さず、だるいままに演奏した同曲はこんな感じ。半分ギャグとしてどうぞ(笑)...
  • 「音楽家のための身体操法講座」10月分
    武術家・甲野善紀先生の「音楽家のための身体操法講座」より 先生の言葉から印象に残った部分を記しておきます。 慣性の法則は心にもある。 習慣となっているものを変えるのは本当に大変。 でもそれがあるからこそ、あまり気に入らない仕事でも、続けていける。 人間は親指が自由になったことで、道具を自由に操れるようになった。 しかしそれによって、現代人の親指はとても疲労している。 ピアノは、比較的、自然な動きで親指を...

プロフィール

 Swingy / 外山浩之

ジャズピアノを中心に演奏・指導・作曲をしているSwingyです。音楽する身体についても研究中。

月別アーカイブ