Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

ジャズピアノを始めるスリーステップ!!!

前回の「ジャズピアノの特徴(クラシックとの違い)」で
書いたように、ジャズとクラシックでは様々異なる点がある
わけですが、中でも、ジャズピアノを始めるにあたって、
最初に大きな壁になるのが「コード」と「即興演奏」。

しかし、ありがたいことに、クラシックのように全部譜面に
書かれたジャズピアノの楽譜も売っています。

ですので、コードは使わず、即興演奏もせず
ジャズピアノにちょっと触れてみるということもできます。


では、ここからが本題。

◆ジャズピアノを始めるスリーステップ!!!


<1>ピアノ譜(二段譜)で弾く

クラシック経験者にお薦め。
全部音符が書かれた楽譜を使って、まずは雰囲気を味わおう。

・コードを使わない。
・即興演奏をしない。
・スイングはしよう。

× 自分に合うレベルのものを見つけにくい。
× スイングは記譜できない。お手本の聴けるものを選ぼう。


<2>コード譜で弾く

コードや音楽の仕組みを学んでアレンジできるようになろう。

・コードと伴奏パターンを覚え、コード譜で弾こう。
  ↓発展↓
・様々な伴奏パターンを覚え適材適所で使いこなそう。
・メロディもジャズっぽく弾けるようになろう。
・イントロやエンディングも付けられるようになろう。
・理論も勉強してコードを付け替えたり、テンションを
 使ったりしよう。

ソロピアノだったら、ここまででも充分楽しめると思い
ますし、逆に言えば、勉強することもたくさんあります。

コードと合わせて音楽の仕組みを学ぶことで、
ジャズに限らずあらゆる音楽のことが分かってくるので、
ぜひじっくりと。



<3>コード譜でアドリブをする
   ~コードやスケールをもとに自分でメロディを作る~

セッションやバンドをやるとなると、ほとんどの場合
アドリブ、つまり即興演奏が必要になってきます。

しかし、コードが目まぐるしく変わるジャズの曲で
アドリブをするのはかなり大変なこと。

いきなりここからやろうとすると、訳が分からないまま
挫折してしまいかねないので気をつけましょう。


おすすめは、やはり<1><2><3>の順番にやること。

ただし、ずっと<1>の譜面通りばかりでは、永遠に
アドリブできるようにならないので、そこそこやったら、
<2>アレンジ、<3>アドリブへと進めていくとか、
うまくやれれば並行してやるのも良いでしょう。


一般に
楽譜では<1>
教則本では<3>
ポピュラーピアノのレッスンでは<1>
ジャズピアノのレッスンでは<3>
が多いようで、<2>アレンジの部分が少ないように見えます。

実は私の著書「ブルースから始めるやさしいジャズピアノ」も、
<3>のアドリブが中心になっています。

もともと、本を書くにあたって
<ブルースからはじめるジャズピアノ>というテーマが
与えられていました。

ジャズにおいてブルースはセッションでの必須課題。
セッションといえばアドリブが必要。

そんなわけで、アドリブの仕方が中心になりました。


ちなみに普段の私のレッスンでは、
<1>の2段譜をほんの少し取り入れつつも、
<2>のアレンジを中心に行います。

そして生徒さんの様子を見ながら少しずつ<3>の
アドリブも加えます。

ソロピアノを中心にやりたい方は、その後も<2>の
アレンジを中心にやり、バンドやセッションをやりたい
方には<3>のアドリブを中心に進めていきます。

また、
オンライン講座では昨年
「ピアノアレンジ講座」を行い、こちらも
<2>のアレンジを中心に行いました。

このアレンジ部分を学んでいただくことが、
もっとも気軽にジャズピアノを楽しむことができて、
本格的に音楽を理解することにもなって、
とても良いのではないかと考えています。

これからもオンライン講座なり、書籍なりで
皆さんにアレンジを学んでいただける
よい教材を作成したいと思っています。


おすすめの楽譜はこちらで紹介しています。
  ↓↓
楽譜・教材


スポンサーサイト



  1. 2022/06/09(木) 10:28:00|
  2. 教えてる(教室)
  3. | コメント:0

◆ジャズピアノの特徴(クラシックの違い)


多くの方が、クラシックピアノを経てジャズピアノを始められるので、
クラシックピアノと比べながら、ジャズピアノの特徴を書いてみますね。


<メロディ>

共通点 :ドレミファソラシドが基になっている

異なる点:大部分を即興で作る


<ハーモニー、伴奏>

共通点 :基本的には同じような和音、和声進行

異なる点:伴奏部分は音符にせず、コードネームを使う。
     原曲とは違う和音に変えることも多い。


<リズム・テンポ>

共通点 :四拍子、三拍子、六/八拍子などが中心

異なる点:八分音符が並んでいたら均等に「タカタカ
     タカタカ」と演奏せず、

 「ドゥウダドゥウダドゥウダドゥウダ」と揺らして
 (「スイング」)演奏したり、裏拍にアクセントを
 つけることが多い。
 やや速めかつ一定のテンポで演奏されることが多い。


<音色>

共通点 :良い音を目指す

異なる点:あくまでも自分にとっての良い音なので、
     個性豊か。あえて濁った音を狙うことも多い


<演奏形態>

共通点 :メロディと伴奏の両方を同時にできるので、
     ソロ演奏も可能
異なる点:ソロ演奏も可能だけれどアンサンブルが中心
     リハーサル無しのセッションも多い


<曲>

共通点 :作曲家の残した曲を演奏

異なる点:作曲者の意図した形よりも、私ならこう弾く
     という演奏をする。
     曲自体はシンプルなものが多く、初心者でも
     プロと同じ曲を弾けることが多い。
     プロは自分の曲を演奏することも多い。

などなど、共通点もあれば異なる点も多々あります。

ジャズの場合は即興演奏の占める割合がとても大きく、
それは自分の自由に演奏できるということであり、
自分がどうしたいのかが問われるということでもあります。

そして、それを演奏で表現するためには、音楽の仕組みを
理解していることも大切なことです。
(コードの理論だけでなく、リズムのことなどいろいろと!)


つまり、ジャズの演奏に必要なことは、

「音楽の仕組み」を分かっていることと
「自分はどう表現したいか」をイメージできること。

そこにスイングするなど、ジャズの特徴を加えるというか、
ジャズの流儀の中で表現するとジャズに聴こえるということです。


ちょっと敷居が高くなってきてしまいました。
ちゃんと下げますからね(笑)


(ジャズピアノを始めるスリーステップ! に続く)
  1. 2022/06/07(火) 17:56:00|
  2. 教えてる(教室)
  3. | コメント:0

繰り返す練習から生み出したい、とってもとってもとっても大切なもの

いつも僕がホストをしているセッションに
お越しくださる方が、
ギターの練習にとっても大切なことというのを
書かれていました。
---------------------
どんな単純なフレーズでも、
1回弾けることと30回正確に弾けることは
全く違う。

1回だとメトロノームにあっていると思っていても
実は微妙にずれていたりする。
30回正確にやろうとすると、どんどん緊張してくる。

30回正確にメトロノームに合わせる練習をしてから、
どんどん動きが滑らかになってきた。
-----------------
とのこと。

僕もとても良く判ります。
例えば、ドラムのレッスンをしているときに
よくあることなのですが、「4ビート叩いて」
というと1小節だけ叩いてすぐやめちゃう人が
います。

でも長く続けないと、テンポがキープできて
いるかどうかが分からないし、ましてや
グルーヴが生み出せるかどうか分からない。

特に人とあわせているときは、
ごく簡単なパターンを繰り返していても、
だんだん緊張してきたりします。
保つのも案外難しい!

それに、グルーヴっていうのは一つのリズムを
繰り返すことで生まれるものだと思うから、
一回じゃはじまらない。

ピアノでも似たようなことは良くあります。
「Cのペンタトニックでアドリブをやってみて」
というと、2小節くらい弾いて終わっちゃったりとか。

2小節じゃなくて、2分くらいは弾いて、
起承転結も作って、曲のように音楽を表現してみませんか。

テンポキープの話でいえば、
スケール練習とか、バッキング練習など、
シンプルなものを練習をするとき、
1回間違えずにできたら終わりじゃなくて、
1分2分、あるいは一曲分くらいの長さを
一定のテンポで、かつ、ノリも感じて弾けるように
練習していきましょう!
(あらゆるものをじゃなくて構いませんから)

人と合わせるようになったら、
その大切さがわかってくると思います。


グルーヴの他にも、
いえ、
グルーヴよりも先に、
繰り返すことによって生み出したい、
とっても とっても とっても 
大切なものがあります。

それは・・・「余裕」

身体面でも、精神面でも不必要に強張らないこと。

強張っていては指も動かないですし、
リズムにものれないですよね。
肩も凝るし、腱鞘炎にだってなるかもしれません。

余裕が無ければ、人の音が聞こえないのはもちろん、
自分の音すらろくに聞こえなかったりします。

共演者といくらずれてもさっぱり気がつきませんから、
これはもう音楽になりません。

余裕を生み出すためには、
簡単なものを繰り返す練習は避けられないんじゃ
ないでしょうか。

繰り返しながら、
ただやるだけじゃなくて、
不必要な強張りを見つけて解いていったり、
部屋の響きを聞いてみたり、
グルーヴと呼ばれるものに通ずるであろう、
心地よいノリを感じてみたりすることが大切。

その上で、だんだん難易度の高いものをやったり、
緊張を強いられる場に敢えて出て行くとかってことも
必要になってくるのだと思います。

今度はそういう場でも余裕をもてるように
繰り返しトライしてゆく。

僕ももっとそういう場に出て行かなくちゃと
思います。


最後に、セッションでお会いした素晴らしい
ギタリストさんのブログをリンクしておきますね。

「リズムとタイム」  
ギタリスト 伊谷希 様

もう一つ
「リズム感とタイム感の違い」ユウキ様


  1. 2019/04/11(木) 10:58:00|
  2. 教えてる(教室)
  3. | コメント:0

第20回発表会

第20回となる発表会、無事に開催することができました!
このところ、何回目なのか数えていなかったのですが、
きっとそろそろ20回目ではないかと思い、調べてみると、
はっきりした記録の無い時代もあり・・・、
ただ、2008年に第11回と書かれたプログラムがあり、
それ以降は毎年やっているはずなので、今年はおそらく
20回目だなと(笑)
2017発表会2 
生徒たちの演奏、
はじめの方に弾いてくれた、入りたての方々の演奏は、
特に弾き始め、気の毒なくらい緊張していましたが、
演奏が進むにつれ、だいぶ調子が出てきた様子で
たいしたものだと思いながら聴いていました。

発表会で弾く曲は、みなさん、普段のレッスン曲
よりもずっと完成度を高めてきます。
そういう意味でも発表会は必要なんだなあと思わされました。
2017発表会3 
また、いつも司会は自分でやっていたのですが、
今回、話の得意そうな方に振ってみたところ、
ぜひやってみたいとおっしゃられたので、
やっていただきましたら、ノリノリで色々な
話をしてくださって、大うけでした。

その他、受付や撮影も生徒の皆さんが快く引き受けて
くださり、みなさん、自分たちで作り上げるという
意識で参加してもらえたのではないかと思います。

また、もう一つサポートミュージシャンと
衣装を揃えてみようと思い、相談の上、
青いシャツで揃えてみました。
IMG_9795.jpg  
打ち上げも、今回は初めて、座敷でのしゃぶしゃぶに
してみました。
みんなで鍋をつつくのがよかったのか、
普段のレッスンでは、グループレッスンであっても
ほとんどしゃべらない人も含めて、さまざまな話題で
盛り上がり、みなさんとても楽しそうでよかったです。

みなさん、お疲れ様でした!
 2017発表会4 

 2017発表会1

IMG_0355.jpg

IMG_0258.jpg 


  1. 2017/12/05(火) 12:17:00|
  2. 教えてる(教室)
  3. | コメント:0

1000本ノックとか

年末年始、上達のコツについてたくさん書きました。

僕は、量より質で練習する方を選んでいますが、

量は量で、つきぬけると一気に質が高まったりするようです。


フォランソワ・デュボアさんの

「太極拳が教えてくれた人生の宝物

~中国・武当山90日間修行の記 (講談社文庫)」

を読んで、そんなことが書いてありました。


ただし、上手くなりたいという気持ちが

あるうちはそうはならなくて、

すごい量をこなして、疲労困憊して、

上手くなりたいという気持ちが消え、

自分が何で練習しているのか、

さっぱりわからなくなってから、

そういう量から質への転化が起こるようです。


心身ともに力みがすっかりとれた状態に

なっているのでしょうね。

おそらく1000本ノックとかも、

そういう狙いがあるのでしょう。


上手くなりたいという気持ちが消えて、

心身とも緩むのが先か、身体が壊れるのが先か・・・。


先に挙げた本にも身体を壊してやめていく人も

たくさんいるようなことが書いてありました。


僕も、ジャズを始めたころ、

先に手を痛めてしまい、

その後もあちこち痛めてしまいました。

なので、僕は先に質を上げるという選択をしたわけです。

  1. 2017/03/25(土) 12:10:00|
  2. 教えてる(教室)
  3. | コメント:0
次のページ