頭と腕の関係

「古武術からの発想」という講座の第二回。

頭の位置や角度について説明や実践があった。
それは、以前レッスンを受けていた、
「アレクサンダーテクニック」の動きとよく
似たものだったので、ちょっとうれしく、
かつ理解しやすかった。

あごを、上げるわけではないが、引きもせず、
自然に真正面が見える角度。

そこから、頭を水平に保ったまま動かす。
例えば前後。例えば左右。その他。

そのときの重心(?)の移動を利用して、
武術の実践なら、相手を押し倒す。

そして、翌日。

ピアノの椅子に座り、顔は正面。
その目線のまま(ここがいままでやっていた
動きと違うところ)、顔(頭部)を前へ。

ふっと手を上げたくなるタイミングがある
のではないかと考えた。

よく覚えていないが、以前、「アレクサンダー
テクニック」のレッスンでそう教わったことが
あったのかもしれない。

やってみると、、、
思ったとおり、そのタイミングがあった!

これだ、こうやってピアノを弾くんだ!!

やっとわかった!!

ひとしきり練習して、帰路につく。
「腕が伸びた!」という日記のとき同様、
鎖骨のゆるみが、肋骨も広げ、そして
肺がぐわっと膨らんで、ほうれん草を
食べたポパイみたいだ(笑)

元気になる方法としてもお薦めだな。
なんか体操にできないだろうか。


「古武術からの発想
- 暮らしに活かす体の使い方」
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=146599&userflg=0

「音楽家のためのアレクサンダー・テクニック」
http://www.amac.co.jp/

コメント

非公開コメント

プロフィール

 Swingy / 外山浩之

ジャズピアノを中心に演奏・指導・作曲をしているSwingyです。音楽する身体についても研究中。

月別アーカイブ